ゲームクリエイターの仕事

多岐に渡るゲームクリエイターの仕事の種類について項目別にご紹介します。

HOME > 仕事内容 > 

ゲームクリエイターの就職先
ゲームクリエイターの就職先は、大きくゲームメーカーと開発会社に分けることができます。
ゲームメーカーとは一般的に大手とされ、就職の難易度も相応に上がります。
一方開発会社は随時募集をしていますが、多忙となる可能性が高くなります。
スキルを磨くならば開発会社の方がいいですが、安定を求めるなら大手が魅力的です。

>> 詳しく見る

ゲームクリエイターの給料・年収・収入
ゲームクリエイターの世界は、実力主義です。
スキルや経験がそのまま収入に反映されますし、転職が盛んな業界なのでキャリアアップのためにもスキルは重要視されます。
勤続年数も重要ではありますが、自分の出来る範囲と深さを実直に広げていけば、収入に困ることはないでしょう。
フリーランスとして技術を活かすことができるのも、ゲーム業界の強みと言えます。

>> 詳しく見る

ゲームクリエイターの勤務時間・休日
ゲーム業界の勤務環境について、あまりいいイメージは持たれていないでしょう。
実際納期が近づけば残業は増え、時には休日にも出勤しなければいけない時が出てきます。
どちらかといえばやりがいをモチベーションに頑張る業界と言えるかもしれません。
それでも人気な職業として上位なゲームクリエイターは、それだけの見返りがある仕事だということです。

>> 詳しく見る

ゲームクリエイターの日常
意外とブラックボックスに包まれているゲームクリエイターの一日。
多忙とされるゲームクリエイターは、いったいどのような生活を送っているのでしょうか。
実際のゲームクリエイターにインタビューをして、とある1日を切り取ってもらいました。
休める時に休む、帰れる時に帰る、それがゲームクリエイターとして働き続けるコツだとか……。

>> 詳しく見る

ゲームクリエイターの将来性
なりたい仕事ランキングをとれば必ず上位に入ってくる人気職業であるゲームクリエイター。
でも今後の行く末を見たとき、一体どうなっていくのでしょうか。
結果から言えば衰退がありえない業界なので、今のスピードを保ったまま発展していくと思われます。
だからこそ入れ替わりも激しく、激戦であることには間違いがないでしょう。

>> 詳しく見る

ゲーム制作の手順
ゲームクリエイターは、一人でゲームを作る仕事ではありません。
複数人、また複数の会社がチームとなって、連携して一つの作品を作り上げていきます。
このページでは一般的にゲームがどのような手順を踏んで作られていくのかを解説します。
ゲームクリエイターと呼ばれる制作集団以外のプロフェッショナルも、ゲーム制作には大きく関わっています。

>> 詳しく見る

ゲームクリエイターの就職状況
ゲームクリエイターの採用は、大手では新卒を一定数取りますが、開発会社は即戦力が欲しいため転職による中途採用が主流です。
かといって新卒で開発会社が無理というわけではなく、スキルさえあれば就職は見込めます。
そのためにはゲーム学校でしっかりとスキルを身につけ、ゲーム制作を実践として経験しておくと有利です。
在学中には積極的に企画・開発に挑戦してみて、アドバンテージを狙っていきましょう。

>> 詳しく見る