ゲームクリエイターの給料・学科・収入

ゲームクリエイターになるために、給料・年収・収入についてご紹介します。

HOME > 仕事内容 > 給料・年収・収入 > 

① 実力主義なこの世界

ゲームクリエイターの収入は、一般的な平均値で他の職種と比べるとあまり高いとは言えません。 しかし実力主義という特徴を逆に考えると、若いうちから結果を出すことでキャリアアップを重ね、結果収入を上げることは可能です。
ゲーム制作に関わるクリエイターは年齢が重視されないので、自分がどれだけできるか、というアピールが大切になってくるでしょう。
また、会社規模によっても大きく変わるのが特徴です。 もちろん大きい会社になればなるほど収入は増加します。大手になれば基本給に充実した福利厚生や手当が加算され、新卒で手取り22万~24万というのも珍しくはないようです。
一般的にゲーム会社で正社員として働く場合、平均年収は300万円~600万円ほどと言われています。 どんなプロジェクトにも引っ張りだこな人材にもなれば、大台である年収1,000万円も夢ではありません。

② ゲームクリエイターの勤務環境

ゲーム会社も一般の企業ですので、通常各種保険は揃っています。 また福利厚生も各企業のコーポレートサイト、募集要項等を見れば色々なものを完備しています。 社員寮や特別休暇制度、他にも資格取得の補助などの社員の働きやすい環境のためにしっかり組まれていることが多いです。
しかしそれも収入同様、入社する企業によって大きな違いがあることも事実です。 ゲームクリエイターはチーム制作で残業もやむ終えない場合があり、働く環境が苛酷だと長く働くことは難しいでしょう。
ゲームが好きなことは重要ですが、いくら好きでも体が保たなければ意味がありません。 勤務環境は入社先に寄りますので、しっかりと事前に確認しておくことが重要です。

③ 残業や休日出勤について

期日が定められていること、また複数人で連携することが必須な仕事柄、ゲームクリエイターは残業がかさみ、休日に働く必要が出てくることもあります。 それにも関わらず残業に対する特別な手当や、休日出勤も通常と変わらない処理の仕方をする企業がなくならないのもまた事実です。
裁量労働制という制度を採択している企業では初めからこのくらい働くだろうということで収入が決定します。 つまり仕事が早く終わればその分得ですが、時間がかかってしまうとその分働いた時間はお金が発生しません。
結果として同じ一つの作品を作り上げるゲーム会社には合っている制度ということで導入する企業も増えてきています。
残業代支給となっている企業でも様々な理由をつけてカットされる可能性がありますので、どちらがいいかは一概には言えません。 就職先も学校選びと同様かそれ以上に、しっかりと調べと準備が必要なことなのです。

他の人が読んでいるページ

ゲームクリエイターの勤務時間・休日

休みがない、残業が多い、というイメージが先行しがちですが、最近では勤務環境の改善が見られています。
ゲームクリエイターの勤務時間・休日 >>

首都圏のおすすめ学校

管理人が抜粋した首都圏でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
首都圏のおすすめゲーム学校 >>

関西のおすすめ学校

管理人が抜粋した関西でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
関西のおすすめゲーム学校 >>