ゲームクリエイターの資格

ゲームクリエイターになるために、必要な資格や知識についてご紹介します。

HOME > ゲームクリエイター概要 > 資格の紹介 > 

① 必要な資格について

例えば医者になるためには国家資格である医師免許が必要で、美容師になるためには美容師免許の取得が必須です。

一方ゲームクリエイターに分類される仕事につくためには、とらなければいけない資格はありません
技術や経験さえあれば、極端な話年齢だって厳しい制限がかかることはないでしょう。

ただし公布されている資格が必要ないだけで、専門知識は必要となります。
企画職であれば市場の動向調査や数字から物事を判断する力を求められますし、ゲームプログラマーにプログラミングのスキルがなければ仕事として成り立ちません。
デザイナーやサウンドクリエイターになるにも誰でも一朝一夕に身につく技術ではないため、ゲームクリエイターになりたいならばある程度方向性を定めて準備しておく必要があるでしょう。

専門知識に関してはゲームの専門学校やスクールで学びながら実践力を養う人が多いようで、中には学校と提携して毎年決まった人数の採用をしている会社もあります。

② 活かせる資格

ゲーム会社で得られる収入の平均値は、他職と比べるとあまり高水準とは言えません
しかしスキルや実績で評価されることが多く、努力次第で若いうちからキャリアアップを重ねることも可能です。

実力さえあれば転職や独立も可能で、フリーランスとして会社に属さない自由な働き方にも適しています。

努力次第で報われるというのは裏を返せば怠けていては身に付かず稼げないということでもありますが、ゲームクリエイターとして働いている人たちはみんなゲームが好きな気持ちをモチベーションに頑張っています。
ゲームクリエイターを志した時の気持ちを忘れずにいることが大切です。

③ 大事なのはどう活かすか

資格を取るのは有用ですが、重要なのは取得することではなくどうやって活かすかです。
冒頭でも記載の通り、ゲームクリエイターになるために持っていなければいけない資格はありません。
良くも悪くも実力主義な環境が多いのも、ゲーム業界の特徴と言えます。

ハッキリ言って、資格がゲーム会社への就職に役立つことは少ないでしょう。
その資格をどうやって仕事に生かすかまで考えられて初めて、評価の一部となるのです。

資格を持っていなくても日々技術や発想力に磨きをかけて、常に新しいものへアンテナを張っておくことの方が、実用的な取り組みなのかもしれませんね。

他の人が読んでいるページ

未経験からゲームクリエイターになるには

全くの未経験からゲームクリエイターとして働く方法、道のりについてご紹介します。
未経験からゲームクリエイターになるには >>

首都圏のおすすめ学校

管理人が抜粋した首都圏でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
首都圏のおすすめゲーム学校 >>

関西のおすすめ学校

管理人が抜粋した関西でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
関西のおすすめゲーム学校 >>