学校選びのポイント!

ゲームクリエイターになるために、学校を選ぶときのポイントをご紹介します。

HOME > 学校の選び方 > 学校選びのポイント > 

① ゲームを学ぶならその道の専門家へ

学歴を重視しないゲームクリエイターという仕事は、専門性の高い仕事内容が多いことからゲーム学校出身の人が多いです。
大手の会社では大学卒を募集する場合もありますが、それはどちらかと言えば一般職に近い形での勤務となるでしょう。
ゲーム学校では大学と違ってゲーム専門の学科や専攻があり、その中で各仕事内容に特化した授業を受けることができます。
東京をはじめとして全国各地にあるので、資料を見比べながら自分にあった学校や目指す仕事について学べるとこを探してみましょう。
在学年数や授業の時間帯についても多くの違いがあるので、必ずあなたにピッタリの学校が見つかるはずです。
またゲーム学校を選ぶ上での大きなメリットに、業界とのコネクションがあります。
コネクションのメリットには2種類あり、一つは刻々と変化するゲーム業界と常に繋がっていることで、最新の情報やスキルを学校にいながら得ることができること。 もう一つは就職する際に学校自体への信頼があるため、一定人数の採用枠を設けてもらえる場合があることです。
昨今ではめざましい実績を多く残しており、未経験からゲーム業界を目指すのにこれほど打ってつけの方法はないでしょう。

② 豊富な専攻やコース

ゲームクリエイターの中にも様々な種類の仕事がありますが、その中でも通うゲーム学校によってどの分野に強い等はあります。
もし既に目指す仕事内容が決まっているならば、どの専攻での実績に優れているかを調べることは必須です。
また中にはゲーム学科があっても学ぶことのできない職種もあります。
例えばサウンドクリエイター専攻は設置されているところがあまり多くありません。
ただ学科や専攻の名前になっていなくても授業内容に組み込まれている場合もあるので、やはり事前にしっかり調べておくことが大切です。
併せて学校によって設備も異なり、最新のプラットフォームが整備されていない可能性もあります。
後悔のない選択をするためにもネット上の情報だけではなくパンフレット等でも複数のゲーム学校を見比べておきましょう。

③ インターンシップで社会人を先行体験

経験を重視するゲーム業界では、アルバイトやインターンシップでゲーム会社に勤めることができるゲーム学校が非常に有利です。
採用を前提として在学中に働けることもあり、これ以上ない環境と言えるでしょう。
もし入学前にインターンシップの制度があるとわかったら、期間に注目しておきましょう。
1つのゲームを作るのには長い期間を設けることが多いので、経験を積むならば長期間の制度を利用するのが正解です。
もちろん学校によって提携している会社は違いますので、もし気になっている会社が既にあるならば、そこから探してみるのも一つの手です。

他の人が読んでいるページ

失敗しない学校の選び方!

ゲームクリエイターになるために失敗しない学校の選び方についてご紹介します。
失敗しない学校の選び方! >>

首都圏のおすすめ学校

管理人が抜粋した首都圏でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
首都圏のおすすめゲーム学校 >>

関西のおすすめ学校

管理人が抜粋した関西でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
関西のおすすめゲーム学校 >>