ゲームクリエイターの働き方

ゲームクリエイターになるために、ゲーム会社への就職や働き方についてご紹介します。

HOME > 基礎知識 > 働き方 > 

① ゲーム会社への就職

ゲーム制作は基本的にチームで行われます。
多くの人が一つの作品を作り上げるため、連携して効率的に作業を行うため、それぞれの人が自分の専門知識を活かして仕事をしています。
比較的小さなゲーム会社では一人に担当が集中する場合もありますが、開発会社では一つのゲームのプログラミングだけを請け負うといった形もあり、分けて行うのが一般的です。
就職はその中である職種を選ぶことになるのですが、会社によっては志望の仕事に関わらずまずはプログラマーを経験させたり、雑務に近いことから始まるところもあります。
もちろん志望外を経験するのは決して誰にでも出来るからではなく、全ての仕事が関わり合う中で経験しておくとプラスに働くからです。
働きながらも常に自分のスキルには磨きをかけ続け、望むとおりの将来を手に入れましょう。

② 会社によって区分けは様々

基本的にはプログラマー部隊、デザイナー部隊と職種で分けてゲーム制作にあたることが多いですが、会社の規模が大きく作品がシリーズ化してくるとその作品ごとの部署となって仕事に当たる場合もあります。
採用の時点でそれぞれの部署での募集を行うこともあるため、憧れのゲームの制作に携わるチャンスと言えるかもしれません。
しかし職種での就職に比べるとさらに一歩先の、作品の中身まで面接時には考えておく必要があり、しっかりと準備しておく必要があります。

③ アルバイトでの入社もアリ

ゲーム会社への就職を考えたとき、小さめの会社で実務経験を積んで実績を作ってから、転職で大手を目指すというルートは有効です。
初めから大手の会社を目指そうとすると大学卒を求められる場合もあり、倍率も高くハードルが高いのが現実でしょう。
またゲーム業界の場合は初めから正社員ではなく、アルバイトで入社してから経験を経てキャリアアップを目指すことも大いに狙えます。
専門的なことから細かな作業までゲーム会社は大きくなればなるほど人手が足りない状況と言えるので、アルバイト募集は広く行っている場合が多いです。
初めのうちは収入面や福利厚生で正社員よりは劣って見えるかもしれませんが、ゲームクリエイターを目指すならば決して悪い環境とは言えないでしょう。

他の人が読んでいるページ

有名なゲームクリエイター

ゲーム業界のみならず有名なゲームクリエイターと代表作をご紹介します。
有名なゲームクリエイター >>

首都圏のおすすめ学校

管理人が抜粋した首都圏でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
首都圏のおすすめゲーム学校 >>

関西のおすすめ学校

管理人が抜粋した関西でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
関西のおすすめゲーム学校 >>