ゲームクリエイターに求められる能力

ゲームクリエイターになるために、求められる能力についてご紹介します。

HOME > 基礎知識 > 求められる能力 > 

① モノづくりのセンスや感性

能力というとハードルが高そうと構えてしまうかもしれませんが、ここでは心構えやあると便利な知識についてのご紹介です。
それぞれの仕事に必要な専門知識以外の、誰にでも備えることの出来るポイントです。
ゲーム会社で働くということの特徴と捉えてもいいかもしれません。

そんな中でもゲームクリエイターはモノづくりがお仕事ですから、創造力や感性は非常に重要です。
また常に新しいものに敏感になり、何故話題になったのかや何故面白いと思うのかなどを考えるのもいい習慣でしょう。
生まれ持ったものである必要はありません。センスや感性は磨くことのできる立派な能力です。
日頃から読書を続けて感受性を伸ばすのもいいですし、好きなゲームに対して考察をめぐらすことも非常に効果的です。
もちろん専門的な知識や技術も必要ですが、始めからあまり難しく考えすぎずに取り組んでみましょう。

② 健康を心がけよう

ゲーム制作には納期が存在します。
いつまでに完成させるためにシステムはいつまで、イラストはいつまで、音楽はいつまでにやる、と決められたものです。
作り始める時には一般的に余裕をもってスケジュールを組みますが、想定外のことというのはつきものです。
予定外が重なることで結果的に納期前に忙しくなり、残業になってしまうこともあるかと思います。
そうなったときに日頃から体調を崩しやすい人だと期日までの日数が削られてしまうことや、忙しすぎて倒れてしまう可能性もあるでしょう。
そうならないためにも日ごろから食生活に気をつけ、規則正しい生活を心がけるのが重要です。
どんな仕事にも言えることですが、人間は体が資本なのです。

③ 常にユーザー目線でいること

ゲームはユーザーに遊んでもらうためのもの。
つまり何よりも考えなければいけないのはユーザーが遊んで面白いかどうかです。
皆さんも普段ゲームで遊んでいて、グラフィックにこだわりすぎてロード時間が長かったリ、システムが複雑すぎてクリアまでに使わない機能があったりすると少し残念ですよね。
目的はゲームを作ることではなく、ゲームでユーザーに楽しんでもらうことです。
仕事になるとどうしても視点が制作者側になってしまいがちですが、ゲームを楽しくやっている時の気持ちは必ず忘れないようにしましょう。

また、一番重要なのはゲームが好きな気持ちです。
これがなければ面白いゲームをつくることなど到底できません。
中には動向を冷静に分析し、あくまで一つのコンテンツとしてゲームを世の中に送り出すことのできる人もいますが、やはり作る側が楽しいと思うものでなければ完成するものもたかが知れています。
世の中に感動を届けたい、衝撃を与えたい、笑いを生みだしたい、ゲーム制作に求めることは様々かと思います。
ゲームを作りたいという気持ちと、それに本気で取り組める熱意こそが、ゲームクリエイターに求められる能力と言えるでしょう。

他の人が読んでいるページ

ゲームクリエイターに向いている人

ゲームクリエイターに向いていると言える性格や傾向についてまとめました。
ゲームクリエイターに向いている人 >>

首都圏のおすすめ学校

管理人が抜粋した首都圏でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
首都圏のおすすめゲーム学校 >>

関西のおすすめ学校

管理人が抜粋した関西でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
関西のおすすめゲーム学校 >>