日本工学院専門学校
ゲーム学校ランキング

ゲームクリエイターになるための首都圏の学校、
第8位の日本工学院専門学校をご紹介します。

HOME > 人気ゲーム学校ランキング > 日本工学院専門学校 > 

日本工学院専門学校のイメージ画像

① 日本工学院専門学校の特徴・評判

広大なキャンパスに溢れる最新鋭の設備。思い切り輝けるキャンパスライフを約束します。 「理想的な教育は理想的環境から」の理念のもと、日本工学院は、独自の広大なキャンパスに最先端の施設を備え、あらゆる角度から一人ひとりの未来の可能性を広げる環境をととのえています。 楽しいイベントも盛りだくさん。 ここで過ごす充実した学園生活は、きっとみなさんの青春の輝かしい1ページになることでしょう!

◆日本工学院専門学校の評判
・プロの講師が基礎から教えてくれるので安心して授業に取り組むことができます。
・講師は現役で活躍されている方も多いので貴重なお話を聞くことができます。
・実技が充実しており、役立つであろう授業も選択出来ました。

② 日本工学院専門学校の就職実績

企業・業界との連携と本校独自のサポートプログラムで就職を実現!!

任天堂/ソニー・コンピュータエンタテインメント/セガ/カプコン/スタジオジブリ/スクウェア・エニックス/コナミデジタルエンタテインメント/バンダイナムコゲームス/ガンホー・オンライン・エンターテイメント/グリー/ディー・エヌ・エー/NHK/共同テレビジョン/日テレアックスオン/日テレ・テクニカル・リソーシズ/東通/ソニーPCL/NHKメディアテクノロジー/フジ・メディア・テクノロジー/東京舞台照明/松竹衣裳/劇団文学座/劇団四季/明治座舞台/劇団青年座/オリエンタルランド/青二プロダクション/81プロデュース/大沢事務所/BANDAI/手塚プロダクション/日本アニメーション/プロダクション・アイジー/サンライズ/元気/GONZO/STUDIO4℃/ガイナックス/スタジオぴえろ/マッドハウス/白組/円谷プロダクション 他多数
敬称略

③ 日本工学院専門学校の受講料/授業料

◆1年次
入学金:200,000円
授業料:965,000円
教育充実費:15,690円
設備費:225,000円
合計:1,405,690円

◆2年次
授業料:1,220,000円
合計:1,220,000円

合計:2,625,690円

※教科書代約58,000円

首都圏のゲーム学校ランキングへ戻る >> 関西のゲーム学校ランキングを見る >>