ゲームクリエイターのやりがい・魅力

ゲームクリエイターになるために、ゲーム制作のやりがいをご紹介します。

HOME > 基礎知識 > やりがい > 

① 自分の作ったゲームを遊んでもらえる

現役のゲームクリエイターの人たちにやりがいを聞いてみると、やはり一番には自分が作ったゲームが世の中に商品として出たときだという声があります。
そしてそのゲームに人気が出てファンができ、大ヒットまでこぎつけたときには頑張ってよかったと思えることでしょう。
ゲーム制作はイメージよりもっともっと大変なものです。形のないものを一つのものへと完成させるのは莫大な労力がかかります。
せっかく頑張って作ったのに世の中には受け入れられなかった、なんてこともたくさんあることでしょう。
そんな仕事だからこそ、街中で広まっていく様を目の当たりにした時の感動ははかり知れません。
ゲームは時代を超えて愛されるものです。自分の名前を世の中に残すことも決して夢物語ではないのです。

② 重要な仕事を成功させたとき

同じゲームをつくるならば、やはりビッグタイトルと呼ばれる有名な作品に関わりたいものですよね。
ただし余程優れた人でなければ、始めのうちはサポートや雑用に近い仕事も多いことでしょう。
ゲームが作りたかったのにこんなことばかりでもう嫌だ、と思う時もあるかもしれません。
そこで悔しい思いに耐えて踏ん張り、確実に経験とスキルを積んでいけば、必ず大きな仕事を任せてもらえる日はきます。
日々の努力は欠かせませんが、何かを成し遂げたときの達成感は何物にも代えがたいものとなるでしょう。

③ 夢のある仕事

実力主義と表現されることの多いゲーム業界では、学歴や資格よりも実際の仕事ぶりや技術力で評価されます。
一本でも大ヒット作を出せば、あっという間に有名人となるでしょう。
年齢や働いた期間に関わらず、結果を出せばそれがそのまま評価に繋がるのです。
ただし難しいのはその実績をキープすること。
何本もヒットを続けて名前だけで信頼されるようになれば言うことありませんが、そんな人は世の中にほんの一握りしかいません。
競争も激しくなっている世界ですから、ユーザーも常に新しいものを求め続け、制作側はそれに答え続ける必要があります。
どれだけ厳しい世界なのかを想像するのは難しいかと思いますが、努力しただけ結果に繋がるのは間違いないことです。
ゲームが好きでゲームを作りたいと思ったならば、まずは一歩踏み出してみましょう。

他の人が読んでいるページ

ゲームクリエイターの大変なこと

ゲームクリエイターは楽しいことばかりではありません。大変な点や苦労することをご紹介します。
ゲームクリエイターの大変なこと >>

首都圏のおすすめ学校

管理人が抜粋した首都圏でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
首都圏のおすすめゲーム学校 >>

関西のおすすめ学校

管理人が抜粋した関西でゲームについて学べる専門学校やスクールをランキング形式でご紹介しています。
関西のおすすめゲーム学校 >>