ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターとは

ゲームクリエイターというのは、ゲームの制作に関わる仕事の総称で使われます。
厳密にはゲームクリエイターという職業はなく、プロデューサーやプログラマー、グラフィックデザイナーといった専門家たちがチームとなり、ゲーム制作に携わります。 また会社に勤めずに個人で趣味やフリーランスとしてゲーム制作を行う人もゲームクリエイターと呼ばれ、自営業ならば職業として名乗ることも可能です。
スマホの普及も手伝ってますます拡大していくゲーム業界。ゲームに関することを学べる学校もどんどん増えていて、最新のなりたい職業ランキングでも上位に入るほどメジャーな仕事になってきました。
その分浮き沈みが激しい世界でもあり、一本のゲームがヒットしても軌道に乗るのが難しいという不安定な業界とも言えます。 また実力主義な現場が多く、年齢や学歴に縛られずに活躍が見込めます。頑張れば頑張るだけステップアップ出来るため、ゲームが好き! ゲームを作りたい! という熱意を持った方に適しています。
専門性が高い仕事のために身に付いたスキルを活かす場所には困らず、キャリアアップや転職面では高水準を見込める仕事です。

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるための方法として一番オーソドックスなのが、ゲーム学校に行くことです。 ゲーム制作に携わることを目指した学科や専攻は大学にはほとんどありません。ゲーム科やゲームクリエイター科がある学校に進学してからゲーム会社への就職を目指すのが昨今では多くなっています。
就職活動をする際は一般企業だと大学卒業が条件であることも多いですが、技術や経験重視で採用を行うのが一般的なゲーム業界では専門的に学べて実践教育の多いゲーム学校の方が喜ばれるのです。
学歴を重視しないため学校に行かずに独学でゲームクリエイターを目指すこともできます。 ただし市販の本やネット上の情報だけではなかなか理解が及ばないこともあり、せめて自身の目指す仕事に関わる学部や学科に進学しなければ難しいかもしれません。

まずやるべきことは?

いざゲームクリエイターを目指そう、と思ってゲーム学校を調べようにも、どこから手をつけたらいいかは意外と難しいですよね。 学生の皆さんですと大体の人が未経験かと思います。どんなゲームクリエイターも、初めはみんな未経験者です。
逆に言えばゲームを制作する中でこれからどんな仕事・役割を目指すかは、自由に決められるのです。
そう、まず初めに行うべきことは、どういった仕事を行うか決めることなんですね。 一口にゲームクリエイターと言っても、その仕事内容は多岐にわたります。 全体の制作進行を管理するプロデューサー、ゲームのシステムを構築するプログラマー、キャラクターや背景のデザインを行うグラフィッカーなど、それぞれが専門的な知識とスキルを発揮して仕事にあたります。
ゲーム科やゲームクリエイター科のある学校でも基本的にその中の一つについてを集中して学ぶことになるので、進路を選ぶためにもまずはゲームクリエイターの中でもどの役割を目指すかを定めてみましょう。

なかなか決められないときは

自分で調べたり学校の先生や家族と相談をしても、自分に合っているか、やっていけるかというのは判断が難しいですよね。 専門的なことも関わるので、分からないことも多く出てくるかと思います。
そういう時には各学校が開催しているオープンキャンパスや個別相談へ足を運んでみましょう。 実際の授業を色々体験してみたり、1対1で進路について話すことで、自分の将来が見えてくることもあります。 学校は問い合わせを随時受け付けておりますので、積極的に連絡してみましょう。